中国事業
CHINA BUSINESS

海外進出コンサルティングのノウハウに基づき
中国市場における販売力を徹底して高めます

海外展開は、日本企業にとって避けて通れない経営テーマです。TSR調査(2019年)によれば、中国に進出している日系企業は、1,891社、4,380拠点です。産業別では、製造業の2,187拠点、卸売業の1,068拠点、サービス業の678拠点の順です。進出の目的も、単なるコスト削減だけでなく、大市場をターゲットにした“地産地消”を狙ったものが増加しています。

 

各国の情報は、必ずしも自社視点ではないため、それぞれの企業が自らの機会や課題に応じて最適な選択を行うことが必要です。また、マルチナショナルに展開していく企業にとって、適切な経営の仕組みや人材の配置は重大な課題であり、企業のステージや展開する機能の内容、および国や地域によっても最適な解は異なります。

 

自社で実践した海外進出コンサルティングのノウハウに基づき、市場調査からマーケティング、営業戦略の立案、現地における営業スタッフの育成までを一貫して行うことで、中国市場における販売力を徹底して高めていきます。

事例

サービス

「現場が企業価値を創る最前線である」と考え、より優れた戦略の立案だけでなく、現場の活動まで落とし込んだ実行支援も行います。

オピニオン