採用強化コンサルティング

採用活動は企業の未来を築いていく人財を獲得するための重要な活動です。

当社の採用強化支援では、事業の中長期戦略に基づく採用戦略、獲得手法の確立、オペレーション改善、リクルーターの強化までを一括で支援をします。

また、採用以降の定着や育成までのプロセスの再設計も行うことで、獲得した人財が飛躍する組織モデルを創る支援をいたします。

採用が注目されている背景

デジタル化やイノベーションが重要視される昨今の経営においては、これまで以上に企業の変革活動を推進する”人財”の必要性が増しています。

その上、益々優秀な人財を獲得するための企業間の獲得競争が激しくなっていることから、今後は”優秀な人財を獲得できるかどうか”が企業の優劣を決めるキーファクターとなると言われており、採用への投資がより必要になってきています。

事業の見直しと共に、自社の採用手法を見直す企業が増えている一方で、旧来のエージェントや採用メディアに頼った獲得手法から脱却しきれていない企業も多く、採用に苦戦している企業との格差が広がっています。

採用力強化における3つのステップ

1.ターゲットの明確化

単に「優秀な人」を獲得したいというだけでは、効率の良い採用活動はできず、入社後のミスマッチにも繋がりかねません。また欲しい人財像が変われば、採用の手法や競合に対するポジショニングなどの基本戦略も変わります。

ここでは、次の事業ステージを見据えながら、「将来に向けてどのような人財を獲得するべきなのか」、「ターゲットをどのように採用するのか」といった議論を重ねながら、人財像を明確にしていきます。

2.ターゲットに合わせた自社ブランディング方向性の明確化

ターゲットの明確化を行った際に、果たして欲しい人財を獲得することができるのか、というのが次の課題になります。

そのため、欲しい人財が重視している価値観、軸を見極めたうえで、自社の強みが活きるようなポジショニングをしたり、ブランディングをしていくことが重要です。

3.ターゲットへのアトラクトシナリオ構築

狙うべきターゲットとブランディングの方向性が決まったら、最後のステップとしてターゲットへのアトラクトシナリオを考えることが重要です。

一般的に、選考フロー(面接)が候補者を見極めるためだけのステップになっている企業が多く、選考を通じて候補者の熱感が上がらないことが課題として散見されます。

当然、ターゲットは自社以外の採用競合を併願して受験しているケースが多いため、オファー時の諸条件や給与調整といった出たとこ勝負で戦うのではなく、候補者との接点において「自社に入社したい」と思ってもらえるような熱上げのステップを設計すること、また魅力をデリバリーできるように面接官やリクルーターを訓練しておくことが重要になります。

採用力強化コンサルティングの検討ステップ

当社では、下記ステップで採用力強化コンサルティングを推進します。

全体設計

企業の中期計画や、将来の事業モデルを踏まえた上で、最適な人員計画や、必要となる人財像・ポジションを計画し、採用フローやプロセスに落とし込んでいきます。
また、計画を実現していく上では、人事チームの最適化も重要になってくるため、現状の人事リソースやスキルを加味したうえで、最適な人事チームの実現に向けた論点を検討し、中長期の採用戦略を設計していきます。

2.マーケティングリサーチ・ターゲットの明確化

ターゲットを明確にするため、社員インタビューやパフォーマンス分析などを実施し、人財要件をすり合わせます。

また、マーケットや採用競合を明確化するためのリサーチ・STP分析を実施し、分析から得られたインサイトに従い、セグメントの抽出、ターゲット獲得における競合とのポジショニング施策を検討します。そして、就職活動媒体の選定や選定した媒体とのコミュニケーション設計を行い、発信するメッセージとの一貫性を作っていきます。

3.メッセージ・デリバリー強化

ターゲットに向けたメッセージを作るだけではなく、デリバリーを行う面接官やエージェントの育成も非常に大切です。そのため、面接官のトレーニングや、エージェントの育成などのアクションプランも検討していきます。

また、フロー上の改善点をオペレーションやシステムに落とし込んでいきます。

4.採用戦略のPDCA

一度作った戦略を実行し、随時修正をかけていくPDCAが、求める人財像を獲得していくためには重要です。

随時、最適な媒体・エージェントを選定し、選考のスキームも自社の魅力が求職者にきちんと伝わるように改良していきます。

採用強化コンサルティングの導入を検討する企業様へ

人財獲得競争が激化し、採用戦略を構築しなおすことが注目を集めていますが、単に採用フローを見直したり、ホームページや媒体メディアを新しくするだけでは、求める人財に出会うことはできません。

また、採用ターゲットを変えるのにあたっては、入社後の育成や評価制度等も含め人事制度全体のアップデートを行い、一貫性を創っていくことも非常に重要です。

当社では、事業戦略と一貫した採用戦略を立案し実行まで伴走する支援を行います。

ご検討の会社様がおられましたら、お気軽にお問い合わせください。

戦略策定から実行フェーズまで一気通貫の支援で、
業績向上を実現します

サービスについてもっと詳しく知りたい、より多くの導入事例を見たいなど、興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

EXPERT

担当コンサルタント