SpecialColumn #1

イニエスタ選手のCEO就任に関して

―「なぜイニエスタ」の背景①新しいスタンダードを創る―

SpecialColumn #1

イニエスタ選手のCEO就任に関して

EXECUTIVE SUMMARY

2019年7月より株式会社リブ・コンサルティングChief Evangelistic Officer(チーフ・エヴァンジェリスティック・オフィサー/最高理念伝導責任者、以下CEO)にプロフットボールプレーヤーのアンドレス イニエスタ選手が就任しました。また同タイミングにて「なぜイニエスタ」、「ベンチャーの可能性を、可能性のまま終わらせるな」を主要メッセージとした当社のブランディング施策をスタートさせています。
さらにこの度、2021年2月より契約更新が決定しました。
ブランディング施策において著名人に協力いただく主な狙いは認知の「量」×「質」にあります。当社は自社ブランドメッセージをより洗練された形で伝えてもらう「質」面の狙いをより重視しています。本コラムでは当社が伝えたいメッセージの詳細と、それを伝導して頂くCEOをイニエスタ選手に依頼した理由を、「なぜイニエスタ」に応答する形で説明していきます。

メッセージ1 新しいスタンダードを創る

われわれの創り出していくスタンダード

当社は設立9年目の経営コンサルティング会社であり、現在日本を中心にアジア3カ国で事業展開をしています。業界において急成長を遂げることができた理由は、「他のコンサル会社が手がけなかった新しい領域」を開拓してきたからです。

これまでの経営コンサルティング会社では予算を潤沢に持つ歴史ある大企業をクライアントとするのが一般的でしたが、当社は若く成長著しいベンチャー企業・オンリーワンな強みを持つ中堅企業をクライアントとする新しい領域に挑戦してきました。

企業理念である「“100年後の世界を良くする会社”を増やす」に基づき、より良い未来を創っていくのは新たな挑戦を続けるベンチャー企業だと考え、事業展開を進めてきました。2012年7月の創業当時、日本経済は六重苦と言われ、昨今のベンチャー企業が活躍する時代とは大きく異なる状況にあった為、会社を立ち上げて1~2年は苦難の時期だったのも事実です。

ベンチャー企業向けコンサルティングというこれまでなかったスタイルが受け入れられ、事業として軌道に乗るまでには時間はかかりました。しかし、当社のコンサルティング支援によって成功するベンチャー企業が数多く出てきたこと、日本社会においてイノベーションを促進するベンチャー企業をサポートする環境が強化されたことで、徐々に当社ビジネスも成長軌道に乗ってきました。

とはいえ、我々のスタイルが新しいスタンダードとなりえるかどうかの勝負はここからだと感じています。

イニエスタ選手の創り出したスタンダード

イニエスタ選手は長い歴史のフットボール界において「新しいスタンダード」を創りあげてきた伝説的な存在です。

フットボール界におけるスタンダードについて振り返ると、1990年代はイタリア・セリエAに代表される守備を固める戦術が中心であり、それを忠実に遂行する屈強なフィジカルに優れた選手が活躍する時代でした。2000年代前半はイングランド・プレミアリーグに代表される攻守の切り替えを早くしたスピーディな試合展開を狙う戦術が中心となり、そこではスピード・パワーを前面に押し出すアスリート型の選手が活躍する時代でした。

しかし、それから約15年経った今、フットボール界はボールをポゼッションし攻撃的に勝利を狙う戦術が中心となり、そこで活躍するのはこれまでのような体格・身体能力に優れた選手から、テクニックそしてインテリジェンスに秀でた選手へとシフトしています。この変遷は勝利の確率を高める手段という側面に加えて、観客、プレイヤーにとって魅力的であるという側面により、世界中へと拡がっていきました。まさに「新しいスタンダード」が世界中に根付いていったのです。

このフットボール界の常識を変え、世界中に「新しいスタンダード」を創った存在として、イニエスタ選手は所属するクラブチーム、代表チームで大きな役割を果たしています。結果が全てのプロスポーツの世界において、新しく、魅力的なスタイルを体現しながら実績を積み上げていくことは非常に困難な道だったと思います。

一つの信念を貫きながら、ワールドカップ、ヨーロッパ選手権、リーグ戦、チャンピオンズリーグといった主要タイトルを全て獲得し、誰もが認める実績を伴わせることで世界の常識を塗り替えていく。そして今、イニエスタ選手は長く過ごしてきたヨーロッパの地を離れ、日本という新たな地で日本サッカーを進化させる基盤を作り、所属クラブでアジアトップを狙うという新たな挑戦をスタートさせています。

新しいスタンダードを創るとは、「かつての非常識を今の常識とする」ことであり、スタート時は社会における傍流に見えるベンチャー企業が世の中の当たり前となっていく流れとも通じます。

「新しいスタンダードに創りに挑戦し続ける」ブリッジポイント

上記のように、イニエスタ選手は静かなイノベーターとして新しいスタンダードを創りあげてきた存在です。コンサルティング業界における新しいスタンダード創りに挑戦し続ける当社は、偉大なる体現者であるイニエスタ選手のサポートを得ることでベンチャー企業向けコンサルティングの普及を加速させたいと考えており、これが「なぜイニエスタ」の1つ目の理由です。

次回は「メッセージ2:司令塔」について触れていきたいと思います。

 

株式会社リブ・コンサルティング
代表取締役 関 厳

UPDATE 2021.02.10
SHARE  Facebook Twitter Google+ linkedin
関連するコラム