SERVICE

M&A戦略

EXECUTIVE SUMMARY

今日の企業の成長戦略において、ノンオーガニックなM&A戦略は企業の大小や業界、地域を問わず、重要な成長戦略の一つです。事業会社にとっては、独自にその地域や業界へ進出・参入することと比べ、時間やコスト、リスクを最小化しながら確実に成長を実現するための有力な手段といえます。当社のM&Aコンサルティングは成長戦略に基づくM&A戦略の策定、対象会社へのビジネスデューデリジェンスはもちろん、顧客企業同士の合併および統合において新会社の戦略立案から人事・制度などの統合の実行のコンサルティング、さらには買収候補先の選定や評価などにも積極的に関与し、顧客企業の非連続な成長に貢献しています。また、事業継承におけるさまざまな課題の解決やオーナーシップのあり方、さらには上場に向けたコンサルティングなど、企業統治に関わる支援実績も豊富にあります。

M&A戦略

前提となる経営戦略や経営計画、成長戦略の策定に基づき、その手段としてのM&A戦略を策定します。企業の戦略によっては、新規領域への非連続領域(地域・サービス)への進出の場合も、コアコンピタンスのレバレッジの場合もありますが、いずれにしても戦略なきM&Aには成功事例はありません。M&Aを推進する組織づくりや経営資源の獲得、M&Aを成功させるためのプロセスやKPIの設計、さらには買収後の統合・連携の方策など、実施前に行うべき検討項目は多く、それらを専門的なアドバイスに基づき、それぞれの企業にふさわしい戦略として定義していきます。

ロングリスト策定

長期戦略としてのM&Aは、対象会社が現れてからM&Aの是非を判断するのではなく、自社の戦略に合わせた買収・連携候補先企業をあらかじめリストアップし、概略における企業価値の算定と優先順位を設定し、案件化後の迅速な意思決定の準備を行うのみならず、プロアクティブなアプローチをも行うべきです。
そのためには、幅広い候補先企業のリストアップとその簡便かつ必要十分な評価およびそれに対するアクションプランの立案が重要です。弊社は、自社の持つ国内外のネットワークと専門性を駆使し、長期戦略の立案に貢献いたします。

ディールサポート

実際のM&A案件が発足したのちには、法務、会計、税務、ビジネスなどさまざまな専門家による検証と、買収のための必要経営資源の獲得、さらに買収対象会社(およびその代理人)との戦略的な交渉など、多数かつ専門的な要素を並行して推進する必要があります。このディール全体のプログラムマネジメント自体も専門性が必要とされ、当社は豊富な経験に基づきPMOとしてディール全体の推進チームの取りまとめを行います。

ビジネス・デューデリジェンス

M&Aは企業の成長戦略の手段として魅力的であるからこそ、買収する対象の企業や事業を精緻に分析し、問題やリスクの有無の確認を行うとともに、適切な買収価格を設定し、さらにバリューアップのプランを想定しておくことが重要となります。当社は、規模の大小を問わずM&Aコンサルティングの経験が豊富な専門チームを持ち、さらに対象業界における専門知識を持つコンサルタントが関与しながら、短期間に確実なビジネスデューデリジェンスを行うことが評価されています。

PMI(ポスト・マージャ―・インテグレーション)

買収整理後の企業の統合の成功は、成長戦略において最も重要なパートです。買収した企業の価値をさらに高めることはもちろん重要ですが、実は買収前の価値を下げないことが必須です。そのためには、制度(特に人事)の統合、仕組みプロセスITの統合、ガバナンスの統合、ブランドの統合など繊細かつ重要な課題が多く、結果として統合の方法、合併・株式保有・持ち株会社などの選択肢も重要な課題となります。当社では、買収確定(Day0)から統合の完了(Day1)、統合戦略の達成(Day9)までのコンティンジェンシーを含めたプラン作りと、PMIにおけるプログラムマネジメント、進捗達成管理が重要であり、当社は豊富な経験と業界における知識をもとに、包括的にPMIの成功を支援します。

M&A戦略立案コンサルティング参考資料
DOCUMENT REQUEST
資料請求はこちら
担当コンサルタント