データ・AIの重要性とビジネスインパクト

デジタル化の進展は、企業が蓄積するデータの量とその価値を飛躍的に高めています。現代においてはそれらのデータの価値を最大化するためのAI活用が競争優位の確立に重要な役割を果たしています。企業が取得すべき情報は日々増加する中で、人間が理解して活かせる情報とのギャップが顕在化しています。そのような中で、AI技術は、膨大なデータを分析し、意思決定の支援や、様々な業務を自動化するにあたって強力なツールとなります。

データ・AI活用によるビジネスへの影響は様々なビジネス領域に及びます。経営管理、顧客体験の最適化、商品開発、ロジスティクス、営業、組織開発など幅広い領域において、従来の人間には困難なスケールで業務を最適化し、新たな示唆を提供します。また、データ・AI活用の真価は個々の業務最適化に留まらず、データの蓄積とAIによる分析・自動処理を企業の中に緊密に張り巡らせることによって、企業全体での最適化や経営スピード高速化につながり、優位性の確立を促進します。

リブ・コンサルティングのAIを活用したデータアナリティクスコンサルティングは、単なる技術提供に留まらず、企業が直面する複雑なビジネス課題に対する解決策を目指します。

データアナリティクスコンサルティングの特徴

人間中心のアプローチによるAIと業務の統合

リブ・コンサルティングではAI技術の導入において人間中心のアプローチを重視します。これは、AIを業務プロセスと社員の働き方に統合する際、人間の判断や創造性を最大限に活用するための業務設計を意味します。AIと人間が協働することで、業務の効率化を図るだけでなく、社員のエンゲージメントと満足度の向上にも寄与します。

AIの戦略的活用

リブ・コンサルティングのアプローチは単にAI技術の実装に留まらず、企業経営上の目標成果に直結する戦略とソリューションの設計に焦点を置いています。企業のビジネスモデルを理解し、データ・AIがもたらすビジネス成果レバレッジのポテンシャルを特定することで、企業にとって最適なAI戦略を設計します。

ビジネス価値の段階的検証

データ・AI活用において、技術的な実現可能性だけでなく、ビジネス価値の段階的検証に重点を置いています。投資対効果(ROI)を最大化し、不確実性リスクを管理するために様々な先進的なケーススタディを基にデータ・AIプロジェクトが目指す成果を段階的に検証し、成功へと導く手助けをします。

データアナリティクスコンサルティングの進め方

Phase1:課題設定

企業のビジネスモデル、市場環境、業務プロセス等を分析し、AIが解決すべき具体的な課題を特定します。洗い出した課題に対して、ビジネスインパクトと実現可能性による評価を行うことで、優先的に取り組むべき課題を定義します。

Phase2:データ収集

AI活用を実現するためのアウトプットを導出するためのデータを特定し収集します。そして、データの品質を確認し、課題の実現性を評価します。

Phase3:AIモデル開発

アジャイル開発手法を採用し、継続的な試行錯誤を通じてAIモデルを改善します。データサイエンティスト、ビジネスアナリスト、IT専門家、実務責任者など多様な専門家が協力し、技術的実現性だけでなく、ビジネス価値も含めて検証します。

Phase4:トライアル施策実施

初期段階で小規模なトライアルを実施し、AIソリューションの実効性を評価します。そして、テスト結果をもとに、AIモデルを継続的に調整し、最適化を図っていきます。

Phase5:業務適用・自動化

効果が実証されたAIソリューションをシステムとして実装し、業務プロセスに統合することで組織全体に展開します。

AIを活用したデータアナリティクスコンサルティングの進め方
データ・AI活用の「データからパターンを抽出する」という特性から、不確実性をいかにコントロールしながらビジネス価値を企画し実現していくかが重要です。

データアナリティクスコンサルティングの支援事例

人材・キャリア事業における事業計画策定

コスト削減と効率化

データとAIの活用により、業務プロセスの自動化が可能になり、人的リソースの削減や時間節約が実現します。また、データ駆動型のアプローチによって無駄なコストを特定し削減し、全体的な運営効率を高めることができます。

人材・キャリア事業における事業計画策定

組織エンゲージメント強化

AIとデータを活用することで、従業員の業務負担が軽減され、より創造的かつ戦略的な仕事に集中できるようになります。また、データ駆動型の組織文化が形成されることで、モチベーション向上とエンゲージメントの強化が期待できます。

人材・キャリア事業における事業計画策定

顧客関係性の向上

AIを活用することで、顧客データの分析が深化し、顧客の理解が容易になります。また、重要な顧客を判定することにより、よりパーソナライズされたサービスを重要な顧客に優先的に提供し、顧客満足度を向上させることができます。

人材・キャリア事業における事業計画策定

新たなビジネス機会の創出

市場のトレンドや顧客の属性・行動パターン等の特徴、そして各種トレンドや顧客の特徴と自社アセットやケイパビリティとの適合性等を分析することで、未開拓の市場や新商品の開発機会を見つけ出すことが可能になります。

人材・キャリア事業における事業計画策定

意思決定の高速化と精度向上

データとAIの利用により、事業データや市場データを従来にないボリューム・精度で分析し、より迅速かつ精度の高い意思決定が可能になります。これにより、市場の変動に迅速に対応し、競争優位を確保することができます。

戦略策定から実行フェーズまで一気通貫の支援で、業績向上を実現します

サービスについてもっと詳しく知りたい、より多くの導入事例を見たいなど、興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。