新規事業開発の重要性と顕在化する問題

近年、技術革新の加速化や消費者ニーズの変化に既存事業領域のみで対応することはますます困難となっており、新規事業開発の必要性はこれまで以上に高まっています。安定成長を実現するためには、企業は既存事業に依存せず、積極的に新しい市場を開拓し、新たな価値を創出する必要がある一方で、新規事業開発の成功割合は決して高くありません。事業開発において多くの企業に共通する問題は以下のようなものです。

  • 新規事業開発の目的・意義のずれ: 新規事業開発の目的が組織内で共有されていない、または理解されていない。これは事業開発の方向性がぼやけ、資源が無駄に投下される原因となります。目的と意義を明確にすることで、全員が同じ方向を向き効率的な開発が可能になります。
  • 勝ち筋ある事業企画の不足:有望な事業アイデアや計画が不足していることが多い。これは市場のニーズや競争環境を正確に把握できていないことに起因します。また、リスクを恐れて革新的なアイデアが提案されにくい文化も一因です。
  • 大量リサーチによるタイミング逸失:新規事業開発には市場機会を見極めるための広範囲なリサーチが必要です。しかし、このリサーチ作業に膨大な時間がかかり、その間に市場環境が変化してしまう可能性があります。
  • 発想力の欠如:従来の思考パターンや成功体験に固執することで、真に革新的なアイデアが生まれにくくなります。新しい視点やアプローチを取り入れることに挑戦するべきです。
  • 事業開発人材の不足:新規事業開発には特有のスキルセットが必要ですが、対象スキルを持つ人材が不足している。適切な育成プログラムが存在しないため、事業開発チームの能力が常に不足している。

リブ・コンサルティングでは多数の事業開発支援において上記問題を解決し、新規事業創出を実現してきました。支援実績から得た知見により新規事業開発に悩まれる方々に最適なソリューションを提供します。

コンサルティングサービス

新規事業開発コンサルティング

新規事業開発に成功している企業の共通点は「”やめた方が良い”ハードルばかりの中で、挑戦を継続する」という姿勢です。企業規模が大きいほどコア能力の硬直性が高いため変化が困難になりがちですが、硬直化のジレンマを乗り越えることは新規事業開発において重要なポイントです。

READ MORE

技術起点の事業開発コンサルティング

技術起点の事業開発は一般的な事業開発と異なる課題を抱えています。解決する市場課題が定まらない、技術優位性がわからず事業可能性を見極められない、開発期間やコストが大きく投資判断が難しいなどの特有の課題を解決することが技術起点の事業開発においては不可欠です。

READ MORE

Knowledge


プロジェクト事例

  • メディア業界

BtoCプラットフォーム構想における事業計画策定

  • IT・通信業界

MaaS事業における事業性検証&実装

  • 製造業界

特定技術を活用した技術起点のマーケティングプロセスを構築

  • 機械業界

ロボット技術を活用した新規事業におけるビジネスモデル策定

  • エネルギー業界

EV×エネルギー領域における新規事業開発

  • 自動車業界

BaaS領域における自社部品技術の初期仮説検証プロジェクト

エキスパート紹介