新規顧客獲得は、シェア奪取型か需要喚起型の大きく2つの戦略方向性から構築を行ないます。

新規顧客獲得の課題と解決

マーケティング戦略の方針
事業/商品の売上に対する課題を抱えている企業では、その解決のために新たなマーケティングアプローチの構築を検討します。

そこでつまずく原因が、認知拡大やリードの獲得を目指してデジタルマーケティングを強化しようといった形で手法論の方に目が向いてしまうこと。

リブ・コンサルティングでは、目指すゴールに対して市場にどうアプローチするのかを検討し、そのための市場の機会や課題を探索するところから解決策を検討します。

市場拡大のための競合相手の特定
たとえば、既存市場のマーケットサイズが小さい、もしくはマーケットの特定が不明瞭な導入期から成長期の場合、市場の拡大においては「関節競合」相手からのシェア奪取視点を持つとマーケティング戦略がより明確になります。

マーケティング構築の実施概要

リブ・コンサルティングの特長として、事業開発支援などでも培った市場の機会・探索のノウハウを活かした一次情報のリサーチ及び分析と、コミュニケーションデザイナー(外部パートナー含む)によるマーケティングアイデアの具体化を行うことが挙げられます。

成果物イメージ 市場の機会・課題探索
方向性仮説 商品開発アイデアのサンプル

新たなチルドドリンクの商品開発アイデアから初期のユーザー検討およびマーケティングアプローチのアイデアサンプル事例。

既存ブランド/商品だけではなく、新規事業や新商品のマーケティング戦略策定においては特に戦略を具体化するクリエイティブ要素が重要になります。

成功事例

支援内容

新たな商品リリースに向け、ターゲットとする顧客・エリアを定め、どのようなプロモーション施策を展開すべきか、その方向性を定めるためのリサーチから戦略立案までを実施。

  1. ターゲットとなりやすい業態・顧客特性を把握する
  2. 販売を行う上で、アプローチしやすいエリアを特定する
  3. ターゲット顧客を開拓するためのプロモーション施策を整理し、効果性の高い施策を特定する

3つの重要論点に対して約3ヶ月間で実際のフィジビリティスタディまで実施して納品

対象業界

製造業

主要成果物

  • ターゲット顧客分析
  • ターゲットエリア分析
  • プロモーション施策分析
  • 販売戦略仮説立案

コンサルティングのポイント

拡販のためのマーケティング・営業戦略実現において、下記3点が大論点となります。事業の課題認識がどこに起因するかで打ちべき施策は異なります。

  • 事業戦略
  • 事業開発
  • 事業拡大

事業戦略:拡販のためのマーケティング戦略をどのように構築するか?

  • ターゲット戦略はどのように設計するか?
  • 顧客ニーズはどこにあるか?
  • カスタマージャーにはどのように設計するか?

事業開発:プロダクト・マーケット・フィットはどのように実現されるか?(誰に何を売るか?)

  • 売れる商品・パッケージは何か?
  • 受注可能性の高い、売上・粗利が高いターゲット層はどこか?

事業拡大:最適なマーケティング・セールス手法は?(どう売るか?)

  • リード創出のための効果的・効率的なアプローチ手法は何か?
  • リードを受注に導く効果的・効率的なセールス手法は何か?

戦略策定から実行フェーズまで一気通貫の支援で、
業績向上を実現します

サービスについてもっと詳しく知りたい、より多くの導入事例を見たいなど、興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

EXPERT

担当コンサルタント