SERVICE

新規事業開発コンサルティング

EXECUTIVE SUMMARY

リブ・コンサルティングの新規事業開発コンサルティングは、数多くの企業オーナー、経営企画部、新規事業開発部から「企画するだけでなく、本当に事業を立ち上げられる」とご支持頂いております。
【特徴】
・自社のコアコンピタンスと市場機会を踏まえた新規事業アイデア創出
・事業の起案から事業化検証、更には収益化まで伴走する支援スタイル
・実績に裏打ちされた新規事業開発におけるリブ・コンサルティング独自フレームワーク

新規事業開発のアイデアとプロセスの課題とポイント

新規事業の創出におけるよくある課題は主に2つです。

1つは有望な新規事業領域を十分に探索できず、良いアイデアが思いつかないこと。
実はもう1つ、隠れた課題として、アイデアの事業化に向けてビジネスモデルとして磨きこむ実践的な仕組み(立上げプロセス)を描けないことです。

次の動画では、上記2つの課題に対してどのように立ち向かう事で新規事業を成功させていくのか、そのポイントを解説いたします。

Video Thumbnail

新規事業開発におけるフェーズ別の進め方

新規事業開発には下記3つのフェーズが存在しており、自分達が現在どのフェーズにいるのかを明確に意識しながら進めることは非常に重要です。
 ①起案フェーズ
 ②事業化フェーズ
 ③収益化フェーズ
それぞれのフェーズにおいて、出てくる課題や追うべき指標も異なり求められる能力も変わります。下記の動画では特に前半の起案~事業化フェーズを中心に弊社の支援内容も踏まえて、進め方の解説を致します。

Video Thumbnail

 
*動画の中でご紹介した関連資料のダウンロードが出来ます。

事例①:広告・印刷企業の新規事業開発支援

生活者のメディア消費行動が大きく変化する中で、第二の柱となる事業を開発すべく「アイデア創出フェーズ」と「事業化検証フェーズ」の2つのフェーズで業態変革をご支援させて頂きました。

自社アセットと市場機会を踏まえた新規事業アイデアからサービスサンプル(MVP)を開発。ターゲットへ実際にアプローチし、パイロット検証を踏まえながらニーズ検証及びプロダクト開発。マーケ&セールス等の受注構造も設計し、事業計画を立案させて頂きました。

<目安期間と費用>
・アイデア創出フェーズ:約4ヵ月(2,000万円~)
・事業化検証フェーズ:約5ヵ月(3,000万円~)

事例②:製造ベンチャーの新事業立上げ支援

代理店販売モデルを採用していた製造ベンチャー企業の、SaaS型直販モデル事業の開発及び立上げをご支援させて頂きました。

本件では既にクライアント企業様が創出したビジネスアイデア及びプロダクトを踏まえ、市場ニーズを探索しながらコンセプトをブラッシュアップし、プライシングや販売網を構築。更にはマーケ&セールス構造を立案。また、サービスリリース後も伴走する事で受注構造を確立させ収益化の目処を立たせるまでをご支援させて頂きました。

<目安期間と費用>
・事業化検証フェーズ:約3ヵ月(900万円~)
・受注構造確立フェーズ:約4ヵ月(1,200万円~)

担当コンサルタント
佐藤 勇樹
パートナー
佐藤勇樹
03-5220-2688
佐藤へのご相談は、事業開発チーム
ご連絡ください
松尾 大輔
マネージャー
松尾大輔
03-5220-2688
小林 彩香
シニア・コンサルタント
小林彩香
03-5220-2688
酒井 芳樹
コンサルタント
酒井芳樹
03-5220-2688