SERVICE

組織改革/コーポレートガバナンス/人財採用・育成戦略/社員満足度診断/ワークスタイル変革

EXECUTIVE SUMMARY

成長期のベンチャー企業にはおのずと成果志向の人財が集まり、「会社=自分」として、一体感を持って仕事をしています。ところが、事業が軌道に乗り、社員の数が増え事業承継や世代交代が進む中で、本来あったはずの会社のDNAが薄まっていきます。結果として、急成長に耐えられなくなって組織が崩壊したり、企業が衰退していってしまうことも少なくありません。会社が存続・発展していく中でぶつかる「組織の危機」を察知し、社員が一丸となって危機を乗り越えられるような一体感の醸成と、成果志向の組織づくりを支援します。

理念や価値観の浸透

急激な事業の成長に伴い、短期的に社員数が急増した会社によくあるパターンは、創業期には言葉や文章にしなくても伝わっていた「会社の価値観」「事業方針」「優先順位」が、新しいメンバーが急増することで、コミュニケーションの密度が薄まり「共通の価値観」が浸透しなくなっていることです。そこで、改めて「自社が目指すものは何なのか」「自社のこだわり続けるものは何か」「どんな価値を世の中に提供していくのか」といった原点に立ち返り、理念・価値観の浸透を図る必要があります。

生産性の高い仕事の仕方を根付かせる

自ら考え行動する生産性の高い社員は、会社の目標の達成と自身の成長を一致させ、高いモチベーションで仕事に取り組みます。また、その中で設定した目標を、毎月、毎週、毎日のゴール設定とタスクに落とし込み、その管理やスケジューリングを効果的に行い、周囲の人とうまく連携しながら仕事を進めています。そういった生産性の高い仕事の仕方も自社のDNAとして根付かせます。

社員満足度評価

いざ、組織の改革を実行しようとしても、組織風土が崩れていたり社員のモチベーションが低かったりすると、施策はうまくいきません。自社の組織風土や社員のモチベーション、満足度の状況を的確に把握できれば、効果的な対策を打ち、風土改善や実行力アップにつなげることができます。弊社は、独自の社員満足度診断(EISサーベイ)によって、自社の「組織文化」「モチベーション」「満足度」を明らかにし、診断結果から特定された課題解決を行うことで、効率的な組織改革を実現します。

組織開発コンサルティング参考資料
DOCUMENT REQUEST
資料請求はこちら
担当コンサルタント