SERVICE

人事評価制度構築

EXECUTIVE SUMMARY

人事評価制度・賃金運用の目的の一つは、社員に支払う賃金の適正化です。しかし人事評価制度はそれだけを目的として構築するのではなく、自社の理念・ビジョン・戦略を体現するためのマネジメントツールとして捉える必要があります。当社の人事評価制度構築コンサルティングでは、理念・ビジョン・戦略との整合性を取りながら、いかに人材の採用・育成・評価へと落とし込んでいくのかを踏まえた制度設計を支援いたします。

人事制度の基本構造の考え方

人事制度は主に「等級制度」「評価制度」「賃金制度」の三つの制度から成り立ちます。また、さらに広義での「人事制度」にはジョブローテーション・配置転換のルールや福利厚生の諸制度が含まれることもあり、人財育成や採用戦略との一貫性も求められます。それら広範囲のテーマの中から、各社の状況や課題をふまえて何をどこまで見直すべきかを検討していきます。

企業の成長段階に合わせた制度運用を考える

人事評価制度の運用を左右するのは現場の評価者です。現場の理解レベル・マネジメントレベルを無視した制度は、どんなに理論的に完璧な制度であっても機能しません。企業の成長段階や、マネジメント層のレベルに合わせたシンプルな制度を設計することが肝心だと考えています。

ただ制度を動かすのではなく、組織のレベルアップを狙う

せっかく人事評価制度を導入しても、現状と全く組織が変わらないようであれば、わざわざ制度を変える意味がなくなってしまいます。現場のマネジメントレベルを考慮しつつも、組織の変革を実現できるような制度を導入することが望ましいといえます。そのためには導入後の評価トレーニング、フィードバックトレーニングが必要不可欠です。

起こり得る問題への事前対応が鍵

人事評価制度は、運用しながら改善を重ねていくことが大事です。しかし、あまりに大幅な変更を何度も加えていると、現場の負担が大きくなり、社員の不信感によって制度が形骸化します。策定段階で「この制度を自社で運用するとどうなるか」をテストしながら、予防策や解決策を盛り込んでいくことが肝心です。

人事評価制度構築コンサルティング参考資料
DOCUMENT REQUEST
資料請求はこちら
担当コンサルタント