事業開発DXコンサルティング

事業開発DX、または事業開発プロセスのDXとは、企業が事業仮説の構築・検証を通じてビジネスモデルを構築し、事業をグロースしていくプロセス自体をDXする取組みです。

昨今は海外のスタートアップエコシステムによる方法論の確立などにより再現性のある事業開発のプロセス・手法の認知・理解が浸透してきました。しかし、DX時代において事業開発の重要性が日々増しているにも関わらず、未だ多くの企業で事業開発は業務・意思決定含め様々な点で発展途上です。

事業開発DX、または事業開発プロセスのDXとは、企業が事業仮説の構築・検証を通じて事業具体化・グロースしていくプロセスに対してデジタルテクノロジーを活用することで、スピード、コストパフォーマンス、再現性を向上し、事業の成功確度を高めるための取組みです。

戦略策定から実行フェーズまで一気通貫の支援で、業績向上につながるDXを実現します

DX関連のサービスをもっと詳しく知りたい、より多くの導入事例を見たいなど、興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

INDEX
  1. 事業開発DXソリューション
  2. 支援事例

事業開発DXソリューション

新規事業開発の推進においては、早期に顧客を見つけ、仮説検証を繰り返しファクトを積み上げる必要がありますが、スタートアップに比べ、多くの一般企業ではこれらの活動をスピード感をもって進めることができていません。その要因は大きくは下記3点と考えます。

  • 社内向けの説明や調整に時間を取られる
  • 新規事業に割けるリソースが少ない
  • クイックに定量的な成果を得るための探索・検証設計が難しい

これらの課題に対し、デジタルを活用することで既存事業の制約を受けにくい環境で高速・安価・定量的に顧客探索や仮説検証を行うことができます。

具体的には、デジタル上で完結する顧客リーチ・反応測定手法を利用し、短期間で大量の反応データを収集しAIで分析することで顧客候補や事業アイデアをスクリーニングします。

リブ・コンサルティングはこれらのデジタル上での事業開発手法を人的な事業開発手法と組み合わせることで、事業開発プロセスのスピード、コストパフォーマンス、再現性を向上し事業の成功確度を高めます。

支援事例

AI活用インサイト可視化・事業開発プロセス変革の事例です。

支援内容

既存事業から新しい事業構想の立案、及び既存事業の効率化を実施した支援になります。

クライアント企業様の抱えるビッグデータを結合し、AIによる解析を通じて、顧客の行動実態や成果につながる顧客行動を可視化。そこから効果の高いパーソナライズ施策を企画・実行させていただきました。

  • 業界:ITサービス業
  • テーマ:事業開発プロセス、DX化

目安期間と費用

期間 3カ月
費用 約800万円~

戦略策定から実行フェーズまで一気通貫の支援で、業績向上につながるDXを実現します

DX関連のサービスをもっと詳しく知りたい、より多くの導入事例を見たいなど、興味がある方はぜひお気軽にお問い合わせください。

EXPERT

担当コンサルタント