SERVICE

海外進出支援 コンサルティング

EXECUTIVE SUMMARY

海外展開は日本企業にとって避けて通れない経営テーマとなっています。弊社の海外マーケティング戦略コンサルティングでは自社で実践した海外進出コンサルティングのノウハウに基づき、市場調査からマーケティング、営業戦略の立案、現地における営業スタッフの育成までを一貫して行うことで、海外進出を支援しています。特に、海外進出方針は決まっているものの、具体的にどの国でどのような販路を使うのが最も投資対効果が良いか選定することで、海外進出の成功確率を劇的に向上できます。

海外進出戦略の論点

海外マーケット参入戦略の主な論点は、「①国・エリア軸、②顧客ターゲット層軸、③商品軸、と様々な組み合わせがある中で、どの国のどのターゲット層に何を売ると、最もROI(費用対効果)が高まるか?」です。この数百数千にも及ぶ組み合わせの中で、優先順位付けを行い、経営リソースの分配方法を検討していきます。この論点が最も重要で、海外進出の成否を大きく左右します。

図:海外進出戦略の主な論点

アジア各国における進出国の選定

進出国選定におけるプロジェクトでは、進出先候補となる国・エリアに対しマクロ調査によって有望国を絞り込み、それらの有望国に対してミクロ調査を行います。ミクロ調査では、実際に顧客層へのインタビューを行うことで収益性と実現性を判定し、進出国の確定とその事業計画を策定します。具体的には下図のようなフローで支援します。

図:進出国の検討フロー

事業計画の策定及び実行支援

参入すべき市場が明確になった後は、その市場環境に合わせて、下記を作成します。

  1. ターゲット像(BtoCであればペルソナ、BtoBであればロングリスト)
  2. 製品・サービスの改善方針
  3. 最適価格の設定
  4. 営業チャネルの選定方針と候補先
  5. プロモーション方針
  6. 上記内容に基づいた3年間の事業計画

また、事業計画策定後は、下記の実行支援が可能です。

  1. 営業チャネル先、パートナー・代理店先への交渉代行
  2. マーケティング実行の代行
  3. 営業活動の代行
グローバルビジネス戦略立案コンサルティング参考資料
DOCUMENT REQUEST
資料請求はこちら
担当コンサルタント